Orbital2は「左手デバイス」と呼ばれているようですが、左手デバイスとは何でしょうか?
左手デバイスとは、漠然とした表現ですが、デジタル入力デバイス(キーボードやマウス)の左手(利き手ではない方)で扱うデバイスの事をいます。キーボードよりも小さく、片手で扱うことができるデバイスを左手デバイスと呼んでいます。

 

weblio:左手デバイスより抜粋

左手デバイスとは、右利きの人が左手を使用して入力操作を行えるようにするための補助的な入力装置の通称である。

左手デバイスは、利き手でペンを持ったりゲームを操作を行ったりしながら、補助的な操作を行う際に用いられる。

複数のショートカットキーやポインティングデバイスなどが搭載されており、利き手でない左手で簡単に、かつ豊富な操作ができるように工夫されている。用途も機能も多種多様であり、様々な形状や機能のものが発売されている。

弊社のOrbital2を例としますと、クリエイターなどキーボードとマウスで作業する場合、キーボードのショートカットを活用して作業効率をあげるのですが、その手助けとなるのがOrbital2であると考えております。

 

wiki:入力機器より抜粋

Windows(一部抜粋)
ボタンとジョイスティックなど、複数の入力機器を複合させて1つの物理デバイスに配置することができる。ゲーム用デバイスの多くはこのようなコントローラーを持つ。マウスは動きを追跡しクリックするボタンを提供するため技術的には複合機器であるが、一般的に複合機器は3つ以上の異なる入力形式を持つものとされる。

複合機器の種類の例としては以下のようなものがある

ジョイスティック
ゲームパッド(またはジョイパッド)
パドルコントローラ
ジョグダイヤル/シャトル(または ノブ)
Wiiリモコン

上記wiki引用の、ジョイスティック、ゲームパッド、パドルコントローラ、に、さらに作業効率化に有効な「フラットリング」を組み合わせた左手デバイスがOrbital2と考えております。