クリエイターのために作られた、
進化し続ける左手入力デバイス「Orbital2」

Orbital2(オービタルツー)は、クリエイターのキーボードのキー(ショートカットキー)操作を無くすことを目的に開発されたハイエンド入力デバイスです。
After EffectsやCLIP STUDIO PAINTなどの様々なクリエイティブソフトウェアに対応し、「マウスやショートカットキーを用いる以上の作業時間の短縮」と「疲労の緩和」を実現します。

プロモーション映像


Orbital2の全体構成

オービタルエンジン

オービタルエンジンは、ボリューム調整やパラメーターの調整が得意なインターフェースです。
「倒す」「回す」「押す」の3つの動作を組み合わせることにより、複数のパラメーター調整をシームレスに実現するインターフェースで、最大8つのダイヤルとスイッチ機能が登録可能です。
オービタルエンジンモードは、ジョイスティックを倒す方向によって各機能を選択し、ダイヤルを左右に回すことで機能を実行します。ジョイスティックモードは、倒された瞬間に機能が実行されます。

オービタルエンジンモード

イラストレーターの場合は「ズームイン・アウト」や「ビュー回転」、「ブラシサイズの調整」、映像クリエイターの場合は「シーケンスの拡大・縮小」や「フレーム移動」、「オーディオトラックの拡大・縮小」などを直感的に実行することが可能です。

ジョイスティックモード

消しゴムやペン、ブラシなどのツール切り替えによく使用されます。

フラットリング

フラットリングは8つのスイッチから構成されるインターフェースです。
キーボードのキーがアサインできる他、キーの連打や長押しをサポートします。さらに画面オーバーレイ型のUIメニューで、クリエイティブシーンにおけるキー入力を加速させます。
スイッチには、極軽量で動作しつつも「カチッ」というフィードバックのあるセンサーを選定しました。多くの試験を経て、長時間使用しても負担にならない仕様を実現しています。

フリックメニュー

ペンタブを使用したクリエイティブ作業にお勧めの機能です。マウスカーソルを中心に展開するリング状のメニューをフリックする事で様々な機能を実行可能です。
イラストレーターだけでなく、マスク機能を多用する映像クリエイターからも好評をいただいている機能です。

リストメニュー

マウスを使用してクリエイティブ作業を行う際におすすめの機能です。よく行う操作を登録しておくことで、マウスの右クリックメニューのように、リストからワンタッチで実行可能にします。
マウスを使いメニューバーの深い階層に位置する機能を多用する映像クリエイターやCGクリエイターの方に好まれます。

グロウリング

RGB(フルカラー)のLEDを搭載。作業スペースをクールに彩ります。 Photoshop向け設定時は青、After Effectsでは紫など、各クリエイティブソフト毎に任意の色を設定することで、一目でOrbital2のステータスを把握可能です。

様々なソフトに対応

CLIP STUDIO PAINT / Medibang Paint / SAI / Painter / openCanvas
Avid Media Composer / Adobe XD / Capture One / DaVinci Resolve
Final Cut Pro / Premiere Rush / CINEMA 4D など多数のソフトウェアに対応

※クリエイティブソフトウェア側の仕様により、カスタマイズが必要になるキーボードショートカットが存在します。
※基本的にショートカットキーが設定されているソフトウェアでは、ほとんどのソフトウェアで利用することができます。

設定を自分好みにカスタマイズ

Orbital2の初期設定は、ごく基本的なものしか含まれていません。それは、クリエイター1人1人フィットしたプロファイル設定は自分自身でしか作り込めないから。試行錯誤を楽しみながら、あなた自身のこだわりのOrbital2を作り上げてください。

様々な機能

プログラムマクロ

目的の処理を記録した後ワンアクションで実行可能にする機能です。After Effects上で「エフェクトの追加」やCLIP STUDIO PAINT上での「複数枚のレイヤー作成」などの操作がワンアクションで可能です。

キーローテーション

最大10個までのショートカットキーをローテーションで呼び出す事を可能にする機能です。片手だけで大量のツールを素早く切り替えるときに、よく活用されます。

テキストブロック

よく用いるテキストを登録しておくことで、ワンアクションでテキスト入力を行うことができる機能です。エクスプレッションで利用する定型文のテキストや各レイヤー名を入力する際に活用できます。

マウス機能

マウス機能は、普段マウスで行っている「クリック機能」と「スクロール機能」をOrbital2から実行可能にする機能です。クリックやスクロールアップ・ダウン、中央クリックなど、マウス操作をサポートします。

プロファイル切り替え

クリエイティブソフトごとに最適化された個別の設定をシームレスに切り替えることができる機能です。フラットリングに割り当てることで、より手軽にクリエイティブソフトのプロファイル切り替えを可能にします。

その他機能

キーの実行を何度も繰り返す機能や、キーの実行前後のタイミングを遅延をさせる機能も搭載しております。より細かなカスタマイズが可能となります。

あらゆるクリエイターへ

イラストレーター


「キャンバスの回転」や「ブラシの濃度調整」などの連続的な変化を行う作業を、より簡単に実行することが可能になります。

映像クリエイター


「シーケンスの拡大・縮小」や「フレーム移動」などの連続的な変化を行う作業を、より直感的に実行することが可能になります。

CGクリエイター


「フレーム送り」や「キー打ち・削除」、「座標軸切り替え」などをスムーズに行えるので、作業効率化に繋がります。

アニメーター


「キー打ち」や「レイヤー操作」、「ドキュメント操作」「ツール切り替え」をより簡単に実行することができます。

How to use

安定した有線接続

同梱されているUSBケーブルをOrbital2本体とPCに差し込み、専用のアプリケーションから接続してください。グロウリングが光れば接続完了です。

推奨プロファイルで簡単スタート

クリエイターが使う一般的なクリエイティブソフトに関しては、推奨設定を組み込んだ「推奨プロファイル(プリセット)」をご用意しています。面倒な設定をスキップし、Orbital2をすぐに使用することが可能です。

メリット

デスクの上が綺麗に


デスク上からキーボードをはじめ各種周辺機器を排除することで、よりスマートで快適な作業空間へ。

エルゴノミクス設計


腕への負担を軽減させ、長時間でも疲れにくいデバイスへ。

入力工数の削減


弊社の独自機構であるオービタルエンジンを搭載し、より少ない操作でキー操作を実行することが可能に。

デザイン性


7世代20種以上の試作機を制作するうえで、操作性だけでなく、プロダクトデザインも追求。

国内生産


クリエイターが使うプロダクトだからこそ、こだわった「ものづくり」を追求。