EDIUS Pro 9で使えますか?
基本的なショートカットにて、動作に問題ないことを確認済みです。

社内にて、戻る(Ctrl+Z)進む(Ctrl+Shift+Z)、タイムラインの戻る(←)進む(→)などの基本的なショートカットが、問題なく動作することを確認しております。

※Orbital2は基本的に、キーボードショートカットにて動作するアプリケーションであれば、同様に使用が可能です。

 

EDIUSより抜粋

EDIUS / EDIUS Pro

EDIUSシリーズのハイエンドモデル。自社製のハードウェアと合わせてノンリニア編集システムを構築することもできる。

なお、Version 5のWindows7への対応に関しては、当初は次回のメジャーアップデートで対応予定であるとしていたが、2010年4月9日に無償アップデート(Ver 5.5)にて対応した。なお、バージョン6はタイトルからProが取れ、単にEDIUS 6となっていたが、次バージョンの6.5では再びProが付くようになった。

なお、Pro 6.5以降はUSBドングルが不要(インターネットでのライセンス認証方式に変更、Pro 8からはEDIUS IDの登録も必要)となっている。本ソフトがベースのNeo3.5,ExpressはWindows7(32bitもしくは64bit)専用で、アップデータでWindows8も対応するが64bitのみとなる。EDIUS 7からは、Windows 7及び8の64bitのみの対応になる。EDIUS Pro 8からはWindows10も正式対応OSに加わっている(要アップデート)。

ショートカットキー一覧(windows・Mac)より抜粋

Windows(一部抜粋)
Ctrl+X 切り取り・カット
Ctrl+C コピー
Ctrl+V 貼り付け・ペースト
Ctrl+I お気に入り呼び出し
Ctrl+H 履歴呼び出し・置換え
Ctrl+D お気に入りに追加
Ctrl+A 全て選択
Ctrl+F 検索
Ctrl+P 印刷
Ctrl+Z 元に戻す

MacOS(一部抜粋)
⌘ Cmd+X 切り取り・カット
⌘ Cmd+C コピー
⌘ Cmd+V 貼り付け・ペースト
⌘ Cmd+I 情報を見る
⌘ Cmd+J 表示オプションを表示
⌘ Cmd+E メディアの取り出し
⌘ Cmd+H 現在アクティブのアプリケーションを隠す
⌘ Cmd+D 複製
⌘ Cmd+A 全て選択
⌘ Cmd+F 検索
⌘ Cmd+O 開く
⌘ Cmd+Q アプリケーションの終了
⌘ Cmd+W ウィンドウを閉じる
⌘ Cmd+M 最小化
⌘ Cmd+P 印刷
⌘ Cmd+Z 元に戻す