Orbital2(オービタルツー)は、
作業の効率化や腱鞘炎の解消など
クリエイターが抱えていた悩みを解決するために産まれた、
左利きの方でも使用できる左手デバイスです。

Orbital2(オービタルツー)は、
作業の効率化や腱鞘炎の解消など
クリエイターが抱えていた悩みを
解決するために産まれた、
左利きの方でも使用できる
左手デバイスです。

▶︎ プロモーション映像

作業がグッと楽に、速くなる操作性

倒して回すだけで、パラメータ調整をよりスピーディーに
Orbital Engine(オービタルエンジン)

倒して回すだけで、
パラメータ調整をよりスピーディーに
Orbital Engine(オービタルエンジン)

オービタルエンジンは、ボリューム調整やパラメーターの調整が得意なインターフェースです。
「倒す」「回す」「押す」の3つの動作を組み合わせることにより、複数のパラメーター調整をシームレスに実現するインターフェースで、最大8つのダイヤルとスイッチ機能が登録可能です。
オービタルエンジンモードは、ジョイスティックを倒す方向によって各機能を選択し、ダイヤルを左右に回すことで機能を実行します。ジョイスティックモードは、倒された瞬間に機能が実行されます。

オービタルエンジンモード

映像クリエイターの場合は「シーケンスの拡大・縮小」や「フレーム移動」、「オーディオトラックの拡大・縮小」などを直感的に実行することが可能です。

ジョイスティックモード

ツールの切り替えなどの動作を、ジョイスティックを倒すだけで簡単に実行できます。

単一キー代わりにしたり、
複数の機能をまとめて登録できる8つのボタン
Flat Ring(フラットリング)

フラットリングは8つのスイッチから構成されるインターフェースです。
キーボードのキーがアサインできる他、キーの連打や長押しをサポートします。さらに画面オーバーレイ型のUIメニューで、クリエイティブシーンにおけるキー入力を加速させます。
スイッチには、極軽量で動作しつつも「カチッ」というフィードバックのあるセンサーを選定しました。多くの試験を経て、長時間使用しても負担にならない仕様を実現しています。

フリックメニュー

ペンタブを使用したクリエイティブ作業にお勧めの機能です。マウスカーソルを中心に展開するリング状のメニューをフリックする事で様々な機能を実行可能です。After Effectsのマスク機能を多用する映像クリエイターから好評をいただいている機能です。

リストメニュー

マウスを使用してクリエイティブ作業を行う際におすすめの機能です。よく行う操作を登録しておくことで、マウスの右クリックメニューのように、リストからワンタッチで実行可能にします。マウスを使いメニューバーの深い階層に位置する機能を多用する映像クリエイターの方に好まれます。

クリエイティブソフトごとに好みの色に設定できる
Glow Ring(グロウリング)

クリエイティブソフトごとに
好みの色に設定できる
Glow Ring(グロウリング)

RGB(フルカラー)のLEDを搭載。作業スペースをクールに彩ります。 Photoshop向け設定時は青、After Effectsでは紫など、各クリエイティブソフト毎に任意の色を設定することで、一目でOrbital2のステータスを把握可能です。

設定を自分好みにカスタマイズ

Orbital2の初期設定は、ごく基本的なものしか含まれていません。それは、クリエイター1人1人フィットしたプロファイル設定は自分自身でしか作り込めないから。試行錯誤を楽しみながら、あなた自身のこだわりのOrbital2を作り上げてください。

様々な便利機能を搭載

プログラムマクロ

目的の処理を記録した後ワンアクションで実行可能にする機能です。After Effectsで特定のエフェクトを追加するなどの操作がワンアクションで可能になります。

キーローテーション

最大10個までのショートカットキーをローテーションで呼び出す事を可能にする機能です。この機能によってPhotoshopの不透明度調整を簡単に行えるようになるなど、様々な場面で活用できます。

マウス機能

マウス機能は、普段マウスで行っている「クリック機能」と「スクロール機能」をOrbital2から実行可能にする機能です。クリックやスクロールアップ・ダウン、中央クリックなど、マウス操作をサポートします。

プロファイル切り替え

クリエイティブソフトごとに最適化された個別の設定をシームレスに切り替えることができる機能です。スイッチに割り当てることで、より手軽にクリエイティブソフトのプロファイル切り替えを可能にします。

映像クリエイターのために
こだわった製品特徴

デスクの上が綺麗に

デスク上からキーボードをはじめ各種周辺機器を排除することで、よりスマートで快適な作業空間へ。

エルゴノミクス設計

腕への負担を軽減させ、長時間でも疲れにくいデバイスへ。

日本CUI製高級なロータリーエンコーダーを搭載

1回転32パルスの高解像度ロータリーエンコーダ―を採用。メタルシャフト由来の高級感とクリック感のある回転が特徴です。

日本Panasonic製長寿命タクトスイッチを搭載

1.0newtonと通常のタクトスイッチより軽く動作しつつも、動作時には確かなフィードバックがあります。

入力工数の削減

弊社の独自機構であるオービタルエンジンを搭載し、より少ない操作でキー操作を実行することが可能に。

デザイン性

7世代20種以上の試作機を制作するうえで、操作性だけでなく、プロダクトデザインも追求。

国内生産

クリエイターが使うプロダクトだからこそ、こだわった「ものづくり」を追求。

ユーザーレビュー

Jason Horleyさん

ハリーポッターやスターウォーズなどの
コンセプトアーティスト

私は従来、左手にキーボード、右手にペンタブレットを持って製作を行っています。 それが何十年と続けてきた私のスタイルなのですが、Orbital2と出会って、Orbital2があるだけで「左手にキーボードは不要である」と確信しました。

Nick Lyonsさん

レディープレイヤーワンなどの
モーションデザイナー

3D制作はかなり複雑ですが、Orbital2はそうした制作にも力を発揮してくれると思いました。また、私たちは同じ作業を何回も繰り返しますので、自由にカスタマイズできる機能があるというのは、クリエイティブな仕事をする者にとって大変助かります。

山下 大輔さん

Adobe Community Evangelist(Video)/
MotionElementsアンバサダー

Orbital2は従来のキーボードのショートカットを変更せずに追加して割り当てが可能なのが嬉しいです。自分がよく使う割り当てが左手デバイスで完結することで、ストレスがとても軽減されますね。複数のソフトを連携して使用するので、アプリケーションがまたいでも使える楽しみなデバイスだと思っています。

市井 義彦さん

Adobe Community Evangelist(Video)/
PremiereProのユーザーグループ代表

キーボードでの入力に比べると慣れている人は最初とっつきにくいと思います。しかし、自分なりのプリセットを作って、自分なりの組み合わせを作ることができれば強力なアイテムになることは間違いなし!アプリの今後のアップデートにも期待して、近未来のデバイスとして今後も注目したいアイテムです。

ダストマンさん

AeチュートリアルYoutuber

自由度の高い無限の可能性を秘めたデバイス。どう使うかがクリエイターの腕の見せ所。個人的にはキーボードの代わりに使うよりも直感的に操作したい数値の増減や、毎度同じ手間がかかる作業のマクロ化がオススメ。そこに全てを組み込んだとき、時間の圧縮が行えるのがOrbital2。

川原 健太郎さん

Youtuber(TORAERA DOUGA)/
モーションデザイナー

動画制作のほとんどの操作を左手の指3本に集約できるスマート端末。最初は新しいマウスに買い替えた時のような微妙な違和感がありますが、ふとした拍子に急にフィットします。

白戸 裕也さん

AbemaTVの番組宣伝映像等の制作/
モーションデザイナー・エディター

Premiere Pro、After Effects、CINEMA 4D、DaVinci Resolve。VimeoやYouTubeを見るときだって。とにかく何のソフトでも使えます。まさに、左手デバイスの決定版。使えば使うほど手に馴染んで、日々の作業に無くてはならなくなります。

佐川 正弘さん

エディター

キーボードのキーをアサイン出来るだけの単純なデバイスかと思いきや、実際に使い込んでみると深い深い…。例えば、シーケンスに入れたクリップの先頭を掴んで5フレーム移動させ、フェードインさせる、といった日々繰り返される細かい作業が、Orbital2を使う事によって1クリックで完了できてしまう。ユーザーのアイデア次第で無限の可能性を秘めているデバイス。それがOrbital2です。

How to use

pro_howto01

安定した有線接続

同梱されているUSBケーブルをOrbital2本体とPCに差し込み、専用のアプリケーションから接続してください。グロウリングが光れば接続完了です。

pro_howto02

推奨プロファイルで簡単スタート

クリエイターが使う一般的なクリエイティブソフトに関しては、推奨設定を組み込んだ「推奨プロファイル(プリセット)」をご用意しています。面倒な設定をスキップし、Orbital2をすぐに使用することが可能です。

製品比較

様々なソフトに対応

CLIP STUDIO PAINT / Medibang Paint / SAI / Painter / openCanvas など
多数のソフトウェアに対応

※クリエイティブソフトウェア側の仕様により、カスタマイズが必要になるキーボードショートカットが存在します。
※基本的にショートカットキーが設定されているソフトウェアでは、ほとんどのソフトウェアで利用することができます。